ホーム > 注目 > 財産を失わないために

財産を失わないために

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨を売買の注文をして利ざやを生む商取引です。

 

売買の値は、いつも変動しています。

 

これがマーケットです。

 

インターネットでニュースをみていると、為替相場の情報が流れます。

 

「今のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表現しています。

 

すなわち、売買には買いと売りの両方の値が存在している事を表しています。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと提示している取引業者もあったりします。

 

平常時には買値よりも売値のほうが安価になるものです。

 

自分が買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。

 

その差分をスプレッドといい、FX会社の利益といわれています。

 

スプレッドの幅はFX業者によって変化します。

 

スプレッドの幅は投資家にとって経費になるので、狭いFX会社を選択するほうが得します。

 

ただ、同じ会社でも場面によってスプレッドは変化します。

 

もしも通常はドル円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドの狭さだったとしても、市場の変化が大きいケースでは3銭、4銭になったりする場面があります。

 

ですから、スプレッドが小さいのと同時に、変化が小さいということが大事です。

 

現在では変わらないスプレッドを提示する取引会社も多く存在します。

 

実際にFX取引会社の注文画面で本当のレートを見なければわからないので面倒くさいですが、必要な事です。

 

大事な財産を使って売買をするわけですから実際の売買の前に興味がある会社の新規取引口座開設をいくつもして、表示されているスプレッドの広さを実感しましょう。

 

同じペアでもその場面での市場の状態によってスプレッドの差は異なる場合があります。

 

通常、インターバンク相場で取引量の多い通貨ペアではスプレッドが狭く、この他の外貨ではスプレッドの広さが拡大する事があります。

 


関連記事

  1. フラッシュモブプロポーズを考えてみる

    サプライズというのを考えた時に思うのが、 サプライズをやるという事を知られないか...

  2. ちょっと待って。よく考えるとかに通販って便利だね。

    夏に海水浴に行ったとき、目に付いたのがかにの看板。そういえば、この辺はかにが有名...

  3. 自分のインテリアが分からない人はココリュクスへ行ってみて

    お洒落だなと思っていた人でも家にお邪魔してみるとガッカリすることってありますよね...

  4. 財産を失わないために

    「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨を売買の注文をして利ざやを生む商取引で...

  5. テスト

    テスト記事です。...